サイトメニュー

輪郭を美しくできる

女性

顔をシャープにできる

美容整形では小顔になるための治療法が用意されています。クリニックごとに採用してある施術の内容に違いがあり、ボトックスやヒアルロン酸などの美容成分を注射で注入する方法や、フェイスリフトやレーザーを使用した方法も選択できます。それぞれの治療法ごとにメリットやデメリットが異なりますので、内容をしっかりと把握してから自分が求める小顔になれるか検討するべきです。たるみが原因で顔が大きく見える人はフェイスリフトが有効で、クリニックによってはメスを使用することはありません。メスを使うと傷跡の心配もありますが、メスで切ることの無い施術を選ぶことで顔を傷つけることを避けられます。超音波を使用することで皮膚に刺激を与えて引き締める施術も存在しており、ボトックス注射やヒアルロン酸注射との併用も可能です。フェイスリフトは皮膚の根本を形成する部分を引き締める効果があるので、たるみの改善に加えて、お肌にハリを与えることやシワの解消にも役立ちます。レーザーを使う施術ではあごの部分をシャープにできます。高度な医療設備が整っているクリニックでは、事前に術後のシミュレーション画像を見ることが可能です。実際に施術を受けた後の完成した姿を映像で確認できることは、患者にとって成功例をイメージしやすくなります。患者ごとに顔の輪郭の特徴は異なるために、最適な施術がどの方法になるのかカウンセリングで担当医に判断してもらいます。治療を担当する医者と話し合いをしてから施術が行われるために、予め知りたいことを質問できます。小顔にする整形施術の代表的なものがボトックス注射です。ボトックスの成分はボツリヌス菌ですが、筋肉の作用を緩める効果があります。美容整形ではボトックス注射は幅広い目的に利用されており、小顔治療以外にもシミやシワを取ることや、ワキの臭いの軽減にも有効です。大手の美容整形ではアメリカ食品医薬品局が認可している成分を使用しています。あまりにも安価な価格で施術を行っているクリニックでは、米国製の成分が使われていない可能性があるので注意しましょう。ボツリヌス菌はデリケートな特徴を持つ成分なので、温度管理が大切です。信頼性の高い美容整形ではメーカーが適正としている温度での管理を心がけているので、高い効果が期待できます。美容成分を注射するだけの施術といっても医療行為ですので、簡単というわけではありません。そのために十分な実績を持つ医師が在籍しているクリニックで施術を受けたほうが安全です。患者ごとに顔が大きく見えている要因は違いますので、医師の判断でボトックス注射以外の方法が最適だと判断することもあります。エラの部分など顔の輪郭にピンポイントで注入する必要があり、1回あたり5万円ほどの費用がかかります。ボトックスの作用は永遠ではなく、一時的な効果をもたらすもので長くても半年ほど経過すると効き目が薄くなります。しかし、何度でも気になる部分に注射できるために、半年ごとに施術を行うことで長期間にわたって小顔を維持することが可能です。他の美容効果を得られるヒアルロン酸注射と同時に行う施術も人気で、数万円単位の出費で美顔を手に入れることができます。注射なので針を刺す治療になるために、当日は赤みが出ることがありますが、すぐに症状が治まることが一般的です。